FC2ブログ

glossyの性感マッサージ体験

私がこれまでサイトを通じて出会った女性たちとの性感マッサージ体験を綴ったものです。ノンフィクションです。

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

07/18真紀の章(その7)

そして、その瞬間が訪れました。
背中への刺激をいったん中断させたマッサージ師は真紀の腰を持って、
浮かせるようにさせました。
真紀の口からは「いやーーーーっっ」という声が出ましたが、
マッサージ師はお構いなし。
マッサージ師はさらに力を入れると、真紀をバックスタイルで固定させました。

あーマッサージ師に真紀のアソコを完全に見られている・・
そんな私の気持ちを逆なでするかのように
マッサージ師は「もうグチョグチョに濡れているじゃないですか」
と声でアソコの様子を知らせてくれました。
真紀はバックスタイルのまま、その態勢を崩すわけでもなく、
マッサージ師にアソコを見られながら声を出し続けていました。

そしてマッサージ師は、真紀の両足をさらに広げさせました。
再び「いやーーーっ」という真紀の声が響きましたが、
そんなことは織り込み済みとばかり、まったく意に介しませんでした。
そして、広げられた両足の間に入ったマッサージ師は、
おもむろに顔を真紀のお尻のあたりに近づけました。
そしてゆっくりと口をそのお尻の割れ目付近に持っていきました。

「あーーーーーーっ」「いやーーーーーーーっ」
真紀の声が、これまでにないほど高くそして長く部屋に響きました。
マッサージ師の口は、ある1点を捉えているようで、
私の位置からは見えません。口元もほとんど動いていません。
しかし真紀の反応はすざまじいものがありました。

えっ?どこをどうされているんだろう??
この頃、私の嫉妬心はピークになっていました。
本当に嫌なら、態勢を自分から変えればいいのに…
そんな子どもみたいな心境にもなっていました。

真紀の絶叫は続きました。マッサージ師は口で1点を攻めながらも、
手は真紀のたわわな乳房を揉みしだいていました。
指先では微妙に乳首も刺激しているのがわかりました。
これまでは写真やビデオでしか見たことのない刺激的な光景でした。

「いくーっ」小さな、しかしはっきりとした声を真紀が出しました。
「いいよ~、いっぱいイッていいよ~」マッサージ師は余裕を持って答えました。
私がある意味、一番聞きたくない言葉だったのかもしれません。
しかし真紀のポイントを確実に攻め続けるマッサージ師は、
比較的容易にその状況にたどり着くことが出来たようです。
ひときわ真紀の声が高くなり、そして、トーンが次第に下がっていきました。
どこを舐められているのか、どこを刺激されているのかわからないけど、
口と下の愛撫だけで、真紀はイッてしまいました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

プロフィール

glossy310

Author:glossy310
50代の♂です。
都内で女性に性感マッサージを体験してもらっています。
信頼のおけるプロのマッサージ師さんに施術を依頼。
好奇心旺盛、でも一歩を踏み出せない貴女を応援します。
ご希望がありましたら連絡ください。

glossyへのmailbox

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。