FC2ブログ

glossyの性感マッサージ体験

私がこれまでサイトを通じて出会った女性たちとの性感マッサージ体験を綴ったものです。ノンフィクションです。

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

08/06智美の第2章(最終章)

「はぁ、はぁ、はぁ」
もう声を出すことも出来ない。強すぎる刺激なのかもしれない。
少し時間前ではあったが、ここで終わるのだと思った。前回はそうだったから。
しかし違った。
マッサージ師さんは自分のバッグの中からバイブを取り出した。
二種類のバイブを両手に持ったが、シリコン製の動かないバイブを手にした。
そして智美のアソコにあてがうと、ググッと押し込んだ。
86.jpg
「うっ」
智美が反応した。
「ほら~、中に何か入ったね~」
そういうと、ピストン運動を始めた。
絶頂を迎え、潮を吹かされた身体には、それだけで十分過ぎる刺激だった。
「ギャーっ、いやーっ、うっ、うっ」
単にピストンしているのではなく、ツボをうまく刺激しているのだろう。
ふと見ると、智美の股間が白くなっている。
強烈な刺激を受けた時に体内から出る白い愛液だ。
その愛液がバイブにまとわりついている。
イヤらしい…イヤらし過ぎる。
バイブの向きを少しずつ変えながら、ピストン運動を続ける。
智美が再びの絶頂を迎えるのに、さほど時間はかからなかった。

凄まじい時間だった。
今さらながら、女性の身体の神秘さに感動を覚えたひとときだった。
中でイッたことのない智美が、いとも簡単に絶頂を迎えてしまった。

「いかがでしたか?」
マッサージ師さんは私にそういって、にっこりと微笑んだ。

性感オイルマッサージ [DVD]性感オイルマッサージ [DVD]
(2009/01/16)
アダルト

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

プロフィール

glossy310

Author:glossy310
50代の♂です。
都内で女性に性感マッサージを体験してもらっています。
信頼のおけるプロのマッサージ師さんに施術を依頼。
好奇心旺盛、でも一歩を踏み出せない貴女を応援します。
ご希望がありましたら連絡ください。

glossyへのmailbox

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。