FC2ブログ

glossyの性感マッサージ体験

私がこれまでサイトを通じて出会った女性たちとの性感マッサージ体験を綴ったものです。ノンフィクションです。

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

08/11美枝の章(その1)

「エアコン止めましょうか?」
「そうですね。最初は止めておいてください」
私は出入り口に設置されたエアコンのリモコンを操作して振り向いた。
すると既に全裸になった美枝がベッドに身を横たえていた。
『早っ!あ~自分より先にマッサージ師さんに全裸を見られてしまった』
そんなことを思いながらベッド脇のイスに腰をおろした。
私は女性の腰からヒップにかけてのラインが大好きである。特に、女性がベッドに身を
横たえた時に描き出されるバックスタイルは本当に美しいと思っている。
美枝も例外ではなかった。
張りのあるヒップが無防備にもマッサージ師さんの眼前に置かれている、そんな状況だった。

マッサージ師さんは美枝の両足を軽く開かせると、オイルを手に取り、
右足のマッサージから始めた。
「痛かったら言ってくださいね」いつもながらの優しい気配りの言葉遣いである。
マッサージ師さんはかかとからふくらはぎ、そして太ももへと手を滑らせながら、
マッサージを続けた。
しばらく手の往来が続き、さて今度は左足だと思っていた矢先、
マッサージ師さんはいきなり股間に手を伸ばした。
そして、美枝の大切なところを、片手で開くような仕草をした。
すると「ヌチャッ、ヌチャッ、ヌチャッ」という湿った音が、かすかに聞こえてきた。
美枝はもうすでに濡れていたのだ。まだマッサージ開始から10分とは経っていない。
刺激に敏感な美枝を感じとっていたのか、はたまた、
マン筋部分の湿っている様子が確認できたからなのか、
マッサージ師さんはそれを見逃さなかったようだ。
こういった音は女性に羞恥心を与えるものである。
美枝のヒップがピクリと動いた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック

プロフィール

glossy310

Author:glossy310
50代の♂です。
都内で女性に性感マッサージを体験してもらっています。
信頼のおけるプロのマッサージ師さんに施術を依頼。
好奇心旺盛、でも一歩を踏み出せない貴女を応援します。
ご希望がありましたら連絡ください。

glossyへのmailbox

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。